≫ウェブサイト運営方針
≫お問い合わせ

海岸ブログ(一覧ページ) ≫全ての記事を一覧表示
湘南未来フォーラム2013in江の島
投稿日:2013年01月23日(水) カテゴリ:シンポジウムなど

【投稿者】

湘南ビジョン研究会

【関係海岸】

湘南海岸(葉山~二宮まで9市町)

【投稿内容】

「湘南未来フォーラム2013in江の島」
日時:2013年2月9日(土)13時~16時30分(無料)
場所:神奈川県立かながわ女性センター(藤沢市江の島)0466(27)2112
アクセス:小田急線片瀬江ノ島駅下車徒歩15分:駐車場(無料/70台)あり
主催:松下政経塾 http://www.mskj.or.jp/
共催:湘南ビジョン研究会 http://shonan-vision.org/archives/261

プログラム
■第一部 13:10
塾生成果発表\ 「地域主権社会の実現~湘南から日本の未来を切り拓く~」
◇片山清宏(松下政経塾第31期生)

■第二部 13:50
実践活動報告 「湘南の未来に向けて、私たち市民ができること」
湘南ビジョン研究会

■第三部 15:00
パネルディスカッション&質疑応答
「みんなで考えよう!湘南の未来、日本の未来」
<パネリスト>
◇松沢成文氏(前神奈川県知事)、朝比奈一郎氏(青山社中株式会社筆頭代表\(CEO))、宮川浩子氏(レディオ湘南パーソ\ナリティ)「司会:松原広美」

■【参加特典】
◇①渚の宝物 ビーチグラスストラップを参加者全員にプレゼント
◇②あなたの写真をフォーラムで上映!「幸せの写真プロジェクト」
◇③もっと知りたい!「江の島観光ガイドツアー」※
※江の島・藤沢ガイドクラブがご案内します。 時間:10:00~12:00
参加費:300円 集合:10時に小田急線片瀬江ノ島駅改札出口

*お問い合わせ・申\し込みは以下まで。
松下政経塾 TEL:(0467)85-5813
片山清宏(katayama@mskj.or.jp ) 

たくさんのご参加をお待ちしております!

| by | コメントはありません。 | 関連記事0通 |


「中世の旅体験!海からのお伊勢参り」のご案内
投稿日:2012年11月01日(木) カテゴリ:レジャー・イベント

【投稿者】

特定非営利活動法人表浜ネットワーク

【関連海岸】

表浜海岸 伊勢湾口

【投稿内容】

「中世の旅体験!海からのお伊勢参り」のご案内

 伊勢湾は、古くから人や物などの往来が活発に行われた海上交通の要衝として栄えてきました。
 陸路が発達していない時代は、海路を利用した流通が盛んであり、渥美半島からも多くの人が海を渡り、伊勢湾を通した交流によって文化が発展してきたのです。
 ご案内する海民エクスカーション伊勢湾圏では、日本列島の真ん中に位置する伊勢湾圏内を舞台にダイナミックに繰り広げられた人の営みや、海に生きてきた人たちの知恵から学ぶ、海の歴史文化にどっぷり浸かる旅です。
 渥美半島から伊勢神宮に生糸を奉納した水のルートを体験する海からのお伊勢参り、その他海の博物館、海女さんのふる里を訪ねます。

http://www.omotehama.org/pdf/kaimin.pdf

日程:2012年11月23日(金)~25日(日)
定員:40名
料金:26,000円
 昼食代は料金に含まれていません。
 バス代は助成金で賄われています。

2日間の参加など、柔軟に対応させて頂きますので
ご相談下さい。

スケジュール
(天候などにより変更がございますのでご了承下さい)
【23日】
13:30 豊橋駅西口集合
龍宮之宿のバスがお待ちしております。
14:30~16:00 吉胡貝塚資料館 / 伊良湖神社
16:00~16:30海岸線を見る
17:00 食事
18:00~20:00 セミナー(渥美半島と伊勢のつながり)

【24日】
08:10 伊勢湾フェリーにて鳥羽に移動
10:00~12:30 神社港 → 河崎(木造船にて移動)
15:00 海の博物館
17:30 海女の宿 丸分

【25日】
08:00 国崎周辺を視察
08:30 移動
09:30 朝熊山
11:00 伊勢神宮内宮 / おかげ横町
13:30 猿田彦神社 / 伊勢神宮外宮
16:00 伊勢湾フェリー鳥羽港解散
18:00 名古屋駅解散

講師:葉山茂生(田原市文化財保護審議会委員)
   目崎茂和(三重大学名誉教授)
   清野聡子(九大准教授)

主催:特定非営利活動法人表浜ネットワーク
(海民プロジェクト)
NPO法人表浜ネットワーク
九州大学大学院工学研究院環境社会部門生態工学研究室
NPO法人水辺に遊ぶ会

後援:鳥羽市 / 愛知県 / 田原市

協力:トヨタ自動車株式会社
株式会社デンソー
海の博物館
NPO神社みなとまち再生グループ

お申し込み
特定非営利活動法人表浜ネットワーク
TEL&FAX:0532-21-1192
Mail:office@omotehama.org
担当:田中美奈子

| by | コメントはありません。 | 関連記事0通 |


松下政経塾見学ツアー &「湘南都市構想2022」中間発表会
投稿日:2012年10月25日(木) カテゴリ:シンポジウムなど

【投稿者】

湘南ビジョン研究会

【関係海岸】

湘南海岸

【投稿内容】

松下政経塾見学ツアー &「湘南都市構想2022」中間発表会

日時:2012年12月2日(日)13時から(無料)
場所:松下政経塾講堂,茅ヶ崎市汐見台5-25
主催:湘南ビジョン研究会 http://shonan-vision.org/about

13:05 基調講演:松下政経塾研究所
13:40 湘南ビジョン代表 片山清宏(松下政経塾第31期生):地域主権社会の実現  ~地域のリーダーシップで日本を考える~
13:55 松下政経塾見学ツアー

14:30  湘南都市構想2022中間発表「こどもたちの未来のために」
14:31 湘南の次世代を担う心豊かな人づくり(教育・スポーツ分科会)

15:00 湘南のポテンシャルを活かした活力創出(観光・産業分科会)

15:30 湘南の源となる輝きつづける命と絆づくり(医療・福祉分科会)

16:00 湘南の安心を守る災害に強いまちづくり(防災・交通分科会)

16:30  講評:松下政経塾研究所
16:40 閉会

●湘南ビジョン研究会は、湘南をもっとよくしたいと集まった勉強会で、10年後の湘南地域のまちづくりビジョン「湘南都市構想2022」の作成や月1回の湘南ミニフォーラムの開催などを行っています。
今回の中間発表会&松下政経塾見学ツアーに是非ご参加下さい。

*お問い合わせ・申し込みは以下まで。
●湘南ビジョン研究会(片山)
090-9017-2459
shonan_vision@hotmail.co.jp

| by | コメントはありません。 | 関連記事0通 |


【ご案内】全国なぎさシンポジウムinみやざき
投稿日:2012年09月24日(月) カテゴリ:シンポジウムなど

【投稿者】

全国なぎさシンポジウムinみやざき実行委員会事務局

【投稿内容】

 全国なぎさシンポジウムは、人と海のよりよい関係を築くため、人と海の接点である「なぎさ」をテーマに意見交換を行い、その役割と大切さを再認識することを目的に、毎年実施されております。
 25回目を迎える今年は、下記のとおり、宮崎県ではじめて開催することになりましたので、お知らせします。

1 日 時
平成24年10月18日(木) 13:00~17:00
(開場 12:15~)

2 場 所
宮崎市民プラザ オルブライトホール(宮崎市橘通西1-1-2)

3 参加予定人数
 500人

4 参加方法
 参加費は無料です。申込み不要で、どなたでも参加できます。

5 シンポジウムの概要
(1) シンポジウムのテーマ
『龍宮からの贈り物』
龍宮の神の娘、豊玉姫が山幸彦に嫁ぐとき、持参した二つの珠、潮満珠(しおみつたま)と潮干珠(しおひるたま)の意味について考えながら、人間と自然のかかわりを、古代から現代、未来にわたって語り合います。
 
(2) シンポジウムのコンセプト
次の3つのコンセプトを基に、シンポジウムを展開します。
①  古事記
 青島神社や鵜戸神宮等、宮崎のなぎさを舞台に古事記の物語が繰り広げられていることから、古代からの人となぎさとのつながりについて考えます。

②  波旅(観光)
  本県はサーフィンをはじめとしたマリンスポーツのメッカであることから、今後のなぎさの利活用について考えます。

③  防災
 東日本大震災以降、防災に対する意識が高まる中、なぎさにおける防災のあり方について考えます。   

(3) シンポジウムの内容
(詳細は、別添パンフレットをご参照ください。)

① 基調講演
 国土交通省水管理・国土保全局海岸室長 五道 仁実 氏
 『海岸における最近の取り組み ~津波防災地域づくりを中心に~』
 
② 特別講演
 東京工業大学大学院社会理工学研究科教授 桑子 敏雄 氏
 『古事記から災害と恵みの調和を読み解く(仮題)』

③ パネルディスカッション
 『龍宮からの贈り物』
  ~古事記・波旅・防災それぞれの観点から、みやざきのなぎさを取り巻く現状と課題について意見交換し、会場からも意見を募りながら、今後のみやざきのなぎさづくりについて考えます。

  ■パネリスト
   島谷 幸宏 氏 (九州大学大学院 工学研究院 環境社会部門 教授)
   合田 博子 氏 (環境人類学研究所 代表\)
   村上 啓介 氏 (宮崎大学工学部 社会環境システム工学科 准教授)
   北郷 泰道 氏 (宮崎県埋蔵文化財センター 所長)
   藤田 和人 氏 (NPO法人 宮崎ライフセービングクラブ 理事長)
その他、詳細につきましては宮崎県のHPでもご案内しておりますので、
ご参照ください。

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/doboku/kasen/nagisasymposium/event.html
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

| by | コメントはありません。 | 関連記事0通 |


第10回茅ヶ崎なぎさシンポジウムのお知らせ
投稿日:2011年10月11日(火) カテゴリ:シンポジウムなど

【投稿者】

ほのぼのビーチ茅ヶ崎

【投稿内容】

「第10回茅ヶ崎なぎさシンポジウムのお知らせ」


ほのぼのビーチ茅ヶ崎は1990年のサーフ90の時に結成した海が好きな者が集まった市民団体です。
毎年1回、海岸の侵食や環境・利用面を皆で議論する「茅ヶ崎なぎさシンポジウム」を開催しており、今年で10回目を迎えました。
今回は茅ヶ崎市立西浜中学校に多大なご協力をいただき、長年の夢であった市内学校での開催が出来ることとなりました。
これを機会に、生徒・保護者を始め、市民・一般の方への海への感心が更に高まることを期待します。

日時:平成23年11月6日(日)13時30分~17時(開場13時)
場所:茅ヶ崎市立西浜中学校体育館(茅ヶ崎市南湖六丁目15-3)
現地へは、公共機関または自転車をご利用ください。
茅ヶ崎駅南口
【神奈中バス茅33系統】浜見平団地行き5分、仲町下車徒歩8分
【コミュニティバス2番】西浜小学校下車徒歩5分

主催:ほのぼのビーチ茅ヶ崎
http://honobono.i-shimin.net/
後援:神奈川県・茅ヶ崎市・茅ヶ崎商工会議所・(社)茅ヶ崎青年会議所・(財)かながわ海岸美化財団他

協力:神奈川自然保護協会・茅ヶ崎サーフィン業組合・サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン・湘南会議他

参加:参加費無料、定員約300名
スリッパと靴用ビニル袋を各自ご持参下さい。
お問い合わせ:090-3218-4658

内容(予定):
◆茅ヶ崎海岸侵食対策の進捗状況
神奈川県藤沢土木事務所 なぎさ河川砂防課 砂防班

◆東日本大震災における津波被災地の現状と分析
(財)土木研究センターなぎさ総合研究所

◆津波発生のメカニズムとその影響
 (独)港湾空港技術研究所アジア・太平洋沿岸防災研究センター

◆茅ヶ崎市における津波対策の現状
茅ヶ崎市市民安全部防災対策課

◆茅ヶ崎における津波避難訓練の実施報告
 サーフ90茅ヶ崎ライフセービングクラブ・ほのぼのビーチ茅ヶ崎

◆茅ヶ崎における津波対策
茅ヶ崎市長 服部信明

☆★☆アトラクション
○テミヤン(http://www.temiyan.com/)
○dekirukoto.net(http://www.dekirukoto.net/)
○池山由香(http://ameblo.jp/yukaikeyama)
ほか

よろしくお願いします。

| by | コメントはありません。 | 関連記事0通 |


「なぎさのごみフォーラム」を開催します!
投稿日:2011年10月06日(木) カテゴリ:シンポジウムなど

【投稿者】

公益財団法人かながわ海岸美化財団

【投稿内容】

相模湾を中心とした神奈川県の約150kmにも及ぶ自然海岸の清掃と年間約15万人の海岸清掃ボランティアをサポートしている公益財団法人かながわ海岸美化財団が今年で設立20周年を迎えました。
美化財団は、これまで、海岸をいかに効率的・効果的に清掃していくか取組み、近年では「海岸が昔に比べてキレイになった」との声も多く寄せられるようになりましたが、20年間のごみ処理量を見てみると、大きな変化はなく、ごみの発生量は必ずしも減っていないのが現実と言えます。
一方、全国的には、一昨年に、海岸漂着物の円滑な処理と発生の抑制に関する対策を進める「海岸漂着物等処理推進法」が施行され、海岸ごみ問題取組の機運が高まっています。
そうしたことを踏まえ、美化財団では、この20周年を機に、これまでの海岸美化を見つめなおし、これからの20年を考える記念事業「nagisa20(ナギサトゥエンティー)」を2011年4月から実施。
その一環として、「ごみがあるからキレイにするNAGISAから、ごみが流れつかないNAGISAへ」をキーフレーズに、海岸美化のこれからを考える『なぎさのごみフォーラム』を開催します。

 
1 開催日時 平成23年10月29日(土) 12:30~19:00

2 会場 神奈川県立かながわ女性センター(藤沢市江の島1-11-1 TEL 0466-27-2711)

3 フォーラム内容
(1)定員 400名
(2)開催時間 12:30~19:00
○11:30 開場
○12:30~17:20 かながわ海岸美化シンポジウム
○17:30~19:00 交流会
4 参加方法
○参加無料。但し、事前申込が必要です。
○下記方法でお申込みいただけます。
 ●TEL  0467-87-5379
 ●FAX  0467-87-5340
 ●ホームページ  http://www.bikazaidan.or.jp/forum.html
 ●E-Mail  info@bikazaidan.or.jp
○申込締切 2011年10月21日(金)

5 問い合わせ先 公益財団法人かながわ海岸美化財団
○TEL  0467-87-5379
○FAX  0467-87-5340
○E-Mail  info@bikazaidan.or.jp

| by | コメントはありません。 | 関連記事0通 |


祈願 復興東日本 浜降祭
投稿日:2011年07月19日(火) カテゴリ:レジャー・イベント

【投稿者】

壱岐 信二

【関連海岸】
神奈川県茅ヶ崎海岸

【投稿内容】
発見日時:平成23年7月18日
「祈願 復興 東日本」 海の日恒例の「浜降祭(はまおりさい)」が7月18日に茅ヶ崎西浜海岸で開かれました。
なでしこジャパンのキックオフと同時間に「宮だち」し、3時間かけて海岸へ到着しました。
海は台風6号で時化ていたため「みそぎ」をする御輿は少なかったようですが、今年も安全に祭りを終えることが出来ました。
詳しくは茅ヶ崎市HPにて。
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/kankou/event/3161/index.html

| by | コメントはありません。 | 関連記事0通 |


~海岸ごみについて楽しく学べるテキストブック~「なぎさのごみハンドブック」が完成! 無料で進呈します!!
投稿日:2011年07月07日(木) カテゴリ:漂着物・海岸ゴミ

【投稿者】

公益財団法人かながわ海岸美化財団

【投稿内容】

(財)かながわ海岸美化財団では、設立20周年に合わせて、海岸ごみのテキストブック「なぎさのごみハンドブック」を作成しました。

身近なモノからどうしてこんなものが海岸にと驚くようなモノまで、海岸にある様々なごみの解説や海で暮らす動物への被害について、横浜市在住のイラストレーター矢原由布子さんの親しみやすいイラスト等で表し、子どもから大人まで、海岸ごみについて楽しく学べる教科書になっています。

現在、無料で進呈中!

海岸ごみに興味のある方、このテキストブックを使用して海岸ごみ問題の啓発活動をしたい方、とりあえず、どんなものか見てみたい方などなど、ご希望の方には、無料でこのテキストブックを進呈しています。
学校での授業、環境イベントでの配布等、大部数が必要なケースも大歓迎。様々なシーンでご活用下さい。

ご希望の方は、下記URLの専用フォームからお申込いただくか、直接、美化財団までお電話下さい。

URL http://www.bikazaidan.or.jp/nagisa20/manabu/text/text.html

| by | コメントはありません。 | 関連記事0通 |


冬の銭函海岸
投稿日:2011年02月11日(金) カテゴリ:北海道

【投稿者】

マロニエ

【投稿内容】

発見日時:2011年1月
場所(海岸):銭函海岸(石狩湾)

雪で覆われた砂浜には 波が打ち寄せています この辺りは一年中風が強いため風力発電の良好な適地として現在 20基もの大型風車の建設を進めようとしています しかし人もなかなか入れないような地域は 自然環境がきわめて豊かで数百メートルもの天然海岸カシワ林が25キロに渡って残っています 動植物も数多くあって イソコモリグモ エゾアカヤマアリ イソスミレ などなど生物多様性を維持している 国内でもきわめて少なくなっている 天然海浜地形です 一度風力発電の建設が許可されれば 大型車両が何百台も走り回って 脆弱な海浜環境が破壊され 回復が不可能になるのは目に見えています

| by | コメントはありません。 | 関連記事0通 |


1 / 11
このブログについて
海岸環境調査研究会が設置・運営しているブログです。投稿はどなたでもできます。海岸に関するあらゆる話題について、投稿をお待ちしています。

2013年1月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿5件

カテゴリ別に表示

このブログ内を検索

≫メインページに戻る
≫RSS