9月22日(木)、9月23日(金・祝)開催

海ごみサミット・愛媛会議  


 海洋(海岸漂着)ごみ問題の解決を目指し、「海ごみサミット・愛媛会議」を開催いたします。
  海岸漂着物処理推進法の制定から2年が経過し、各都道府県においては地域協議会が設立され、地域計画の策定が図られています。一方、行政間の情報共有や多様な主体との連携などにおける課題も見受けられ、効果的な対応策の立案に向けた工夫がより求められています。
  また、海洋ごみ問題を「有害化学物質の移送による環境への影響」と捉えた観点からの研究も、新たに始動し、いくつかの科学的知見も得られています。そこで、2011年の海ごみサミットでは、海洋ごみ問題に関る調査研究の実状について関係者が共有を図り、問題の改善に向けた今後の方向性について討議を行いたいと考えています。併せて、東日本大震災を起因とする漂流物問題についても取上げ、情報の共有を図ります。

 2003年から飛島、対馬、隠岐、羅臼、佐渡、鳥羽、下関・長門、東京と毎年開催してきた「海ごみ(島ごみ)サミット」では、海洋(海岸漂着)ごみ問題に苦慮する地域の課題などを共有し、具体的な対策について関係者が一堂に会して意見交換するなど、問題の改善に向けた多様な主体による連携や取り組みの体制をゆるやかに構築してきました。 これまでの討議の積み重ねや関係省庁などの動向を踏まえつつ、新たな課題への対応に目を向けた「海ごみサミット・愛媛会議」を開催し、国内地域及び国を越えた広域的な取り組みがより活発に展開されていくことを目指します。

●開催日時:2011年9月22日(木 ) 10:00〜16:30 (9:30受付開始)
             9月23日(金・祝)
9:30〜12:00(9:00受付開始)
●開催場所: 愛媛大学 南加記念ホール (愛媛県松山市文京町3 )(アクセス)  
●参 加 費:2日間通し 2,000円(資料代) ※大学生以下は無料
        22日(木)18時より交流懇親会を開催します
        (要申込・お一人4,000円・愛媛大学構内セ・トリアンにて)
●申し込み:紹介HP
●主   催:愛媛大学・一般社団法人JEAN

●プログラム
 第1日目 9月22日(木 )
【第1部】 10:00〜12:30
 開会祝辞; 柳澤康信(愛媛大学 学長)
 開催挨拶: 磯辺篤彦(愛媛大学沿岸環境科学研究センター)
 経過報告: 小島あずさ(一般社団法人JEAN)
  テーマ1 「海洋ごみ研究最前線〜海洋ごみ問題に関する知見の共有」
【講 演】 〇愛媛大学・磯辺篤彦教授
       国土技術政策総合研究所沿岸域システム研究室・日向博文室長
       九州大学大学院工学研究院・清野聡子准教授
      〇東京農工大学農学部・高田秀重教授
      〇ソウル大学・パン・インクォン教授
      〇中国 国家海洋局海洋環境監視センター Qian Zhao博士
【コメンテーター】 大妻女子大学・兼廣春之教授

      12:30〜14:00 昼食・休憩(大学構内学生食堂などが利用できます)

【第2部】 14:00〜16:30
 テーマ2 「海洋ごみ研究最前線〜海洋ごみ問題に関する今後の調査・研究について」
      テーマ1の講演内容を踏まえ、海洋(海岸漂着)ごみ問題の改善に向けた調査
       ・研究のあり方についての全体討議
【講演】  〇鹿児島大学水産学部・藤枝繁教授
【報告】  〇環境省水・大気環境局 水環境課 局海洋環境室
       〇国土交通省水管理・国土保全局河川環境課
       〇韓国NGO 他
      
       18:00〜20:00 交流懇親会

 第2日目 9月23日(金・祝
【第3部】 9:30〜12:00
 テーマ3 「東日本大震災に起因する漂流漂着物問題について」
【講演】 ○国立環境研究所 資源循環・廃棄物研究センター石垣智基 主任研究員
      ○九州大学大学院工学研究院・清野聡子 准教授
【報告】 ○環境省水・大気環境局 水環境課海洋環境室
     
       12:00 閉会挨拶: 金子博(一般社団法人JEAN)

●問合せ先 一般社団法人JEAN 担当:小島・五島
          TEL:042−322−0712



海岸ニューストップに戻る

ニュースに記事を掲載希望の方へ
このページに海岸のニュースを掲載しませんか? 記事投稿の方法はこちらをご覧ください。≫投稿方法のご案内







copyright 2007: 海岸環境調査研究会(無断転載を禁じます)