5/24(日)

2009表浜シンポジウム
   生物多様性を海洋から学ぶ! 
      パシフィックあいち 
        愛知から想いは大洋に向けて!
 
 
 毎年、表浜ネットワークの活動報告と講演会を行う表浜シンポジウムが今年で6回を迎えます。今まで豊橋技術科学大学で行ってきましたが、今年は名古屋で開催します。来年行われる生物多様性条約第10回締約国会議に向けて、生物多様性を海洋から学ぶことをテーマに行います。
  30年以上小笠原やインドネシアでウミガメを研究している、IUCN,種の保存委員会,ウミガメ専門部会委員や環境省の海域環境保全基礎調査・ウミガメ委員をされているELNA代表の菅沼弘行氏をお招きしてウミガメ保護について1時間たっぷり語って頂きます。また、河川・海岸の環境保全学や動物生態学が専門の東大院の清野聡子氏をコーディネーターとしたパネルトークを行い、生物多様性を海洋から学ぶ意味を、太平洋に 面する愛知県から発信したいと考えています。
  是非とも参加して頂きたく、お申し込みお待ちしております。


●開 催 日:2009年5月24日(日) 13:40〜16:15
●開催場所:名古屋国際センター 別棟ホール
         名古屋市中村区那古野一丁目47番1号
●参 加 費:1,000円
●主  催:特定非営利活動法人 表浜ネットワーク(HP)
●共  催:特定非営利活動法人 地域国際活動研究センター (HP)   
        特定非営利活動法人 エバーラスティング・ネイチャー(HP)  
        国立大学法人 豊橋技術科学大学(HP)
●後  援:愛知県(予定)、名古屋市(予定)他    
        特定非営利活動法人 日本ウミガメ協議会 (HP)
●申し込み方法:下記のメールかお電話でお願いします
          特定非営利活動法人 表浜ネットワーク          
          TEL:0532-21-1192 / e-mail:office@omotehama.org

●内  容:
1部 基調講演 人はウミガメを守れるか (13:40〜15:00)
     菅沼弘行氏 ELNA(Everlasting Nature of Asia) 代表
             IUCN, 種の保存委員会, ウミガメ専門部会委員
            環境省:海域環境保全基礎調査・ウミガメ委員
    
     2008 年度 表浜ネットワーク活動報告
      今村 和志 アカウミガメの調査報告
      田中 雄二 全体報告

2部  パシフィックあいち パネルトーク (15:25〜16:15)
    コーディネーター 清野聡子氏 
     東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻広域システム科学系 助教

POSTER

















●開催のお知らせ(表浜ブログ
●案内チラシ(PDF

●問合せ先:NPO法人 表浜ネットワーク
        
        TEL:0532-21-1192 / e-mail:office@omotehama.org



海岸ニューストップに戻る

ニュースに記事を掲載希望の方へ
このページに海岸のニュースを掲載しませんか? 記事投稿の方法はこちらをご覧ください。≫投稿方法のご案内







copyright 2007: 海岸環境調査研究会(無断転載を禁じます)