12/14(日)

第7回茅ヶ崎なぎさシンポジウム  
 
  海岸侵食が脅かされている茅ヶ崎、侵食対策の様子を検証し、水質の様子を知り、遠浅で安心安全で快適な広い茅ヶ崎海岸を目指した、シンポジウムの開催です。

●主  催:ほのぼのビーチ茅ヶ崎 (HP
●開催日時: 2008年12月14日(日) 午後2時より2時間30分程度
●開催場所:茅ヶ崎市立図書館2階大会議室  (アクセス
        (神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-55)
        ・茅ヶ崎駅南口徒歩5分

●プログラム(予定):
 現在の侵食対策の状況及び台風9号後に行われた復旧工事の様子について
      青島元次 (神奈川県藤沢土木事務所 なぎさ港湾部 部長) 
     吉岡敦  (同 主任技師)

 茅ヶ崎の侵食の様子と対策について

     宇多高明 (財団法人なぎさ土木研究センター 所長)

 茅ヶ崎海岸の水質に
ついて
     川島勉  (サーフライダーファウンデーション)
     佐藤浩三 (神奈川県流域下水道管理事務所 下水道部長)

 山川海を一体ととらえた自然環境の回復について

     門松武  (元国土交通省河川局長)

 湘南の海岸浸食問題及び水質問題に関る意見質問

     当日一般参加者

 総評

    廣崎芳次 (神奈川県自然保護協会 理学博士)



海岸ニューストップに戻る

ニュースに記事を掲載希望の方へ
このページに海岸のニュースを掲載しませんか? 記事投稿の方法はこちらをご覧ください。≫投稿方法のご案内







copyright 2007: 海岸環境調査研究会(無断転載を禁じます)