11/8(土)、9(日)開催

応用生態工学会 第4回東北現地ワークショップin弘前
  流域の自然再生を考える
 
                                  
 本年の東北における現地ワークショップは、日本生態学会東北地区会との共同開催で、「流域の自然再生を考える」をテーマに開催します。
 ご興味のある方、ぜひご参加下さい。


●協同開催:応用生態工学会,日本生態学会東北地区会
●開 催 日:
        ワークショップ:2008年11月8日(土)14:00 - 18:15
        現地見学会:2008年11月9日(日)9:00 - 15:30
                 (午前の部・午後の部の別々の参加も可能です)
●開催場所:        
        ワークショップ:弘前大学 農学生命科学部 402講義室(アクセスマップ
        現地見学会:午前−津軽ダム、白神山地ビジターセンター,
                    午後−青森メダカ郷和国他

●プログラム:
 11/8 ワークショップ
 14:00-14:15 趣旨説明  
          東 信行(弘前大学農学生命科学部)    
  14:15-15:15 基調講演  「(仮)流域の自然再生を考える」 
         中村 太士(北海道大学大学院農学研究科教授)
  15:30-18:15 研究・事例発表 
         (1)  「住民の記憶に基づいた木野部海岸の磯再生」  
         角本 孝夫(NPO法人SCR 理事長)
         (2)  「仏沼のこれまでと現状そして未来」  
          宮 彰男(NPO法人おおせっからんど)/高橋 雅雄(立教大学大学院)
         (3)  「青森のメダカ保全指向ビオトープ〜メダカ郷和国とあずましの水辺
          工藤 敦士(弘前大学大学院)
         (4)  「河川水生昆虫の遺伝的多様性からみた自然環境の保全と再生」
          渡辺 幸三(東北大学大学院)
         (5)  「蕪栗沼遊水地の湿地再生から10年」  
          香川 裕之(東北緑化環境保全(株))
         (6)  「国指定浜頓別クッチャロ湖鳥獣保護区における保全事業に向けて」
          浜田 拓((株)地域環境計画)  
         ※発表タイトルは変更する場合があります
  18:30〜 交流会  大学生協食堂2Fカフェテリア  

 11/9 現地見学会 
   ※午前中は平行して日本生態学会東北地区会の発表も行われます
     午前 弘前大学発(9:00) 
   → 津軽ダム・白神山地ビジターセンター・昼食(10:00-12:00) 
   → 弘前大学着(12:30)
    
     午後 弘前大学発(12:30) 
   → 青森メダカ郷和国他(13:30-14:30) 
   → 弘前大学着(15:30)
   ※現地見学会は「午前のみ」または「午後のみ」の参加も可能です

●定  員:ワークショップ 150名  現地見学会 50名
●参 加 費:
        ワークショップ:正・賛助会員2,500円,非会員3,500円,学生1,000円
        交流会:一律3,000円
        現地見学会: 正・賛助会員2,500円,非会員2,500円,学生1,000円
●申  込:応用生態工学会HP参照
●問合せ先: 応用生態工学会仙台    
         〒980-0012 仙台市青葉区錦町1-7-25 
         復建技術コンサルタント内(橋本正志,池澤紀幸)      
         Tel. 022-217-2021  Fax. 022-265-9309l 



海岸ニューストップに戻る

ニュースに記事を掲載希望の方へ
このページに海岸のニュースを掲載しませんか? 記事投稿の方法はこちらをご覧ください。≫投稿方法のご案内







copyright 2007: 海岸環境調査研究会(無断転載を禁じます)