9/28(日)〜10/3(金)開催

海洋の包括的安全保障を目指した広島イニシアチブ
                                  
  UNITAR国連訓練調査研究所では、アジア・太平洋地域より関係省庁で政策決定に当たる中級・上級公務員や大学教授、研究者、NGOや民間企業の代表者など30名前後を対象に、表記研修会を9月28日〜10月3日、広島にて開催予定です。 「海洋の包括的安全保障を目指した広島イニシアチブ」は海洋の保全や有効利用が平和につながるものであるという視点から、包括的海洋ガバナンスを目指しています。国家・部門・領域を超え、また社会的、政治的、経済的側面も考慮に入れ、様々な部門の専門家の能力促進・知識交換に資するものです。
  なお10月3日金曜日17時前後より一般公開の講演会も予定しております。ご参加の程どうぞよろしくお願いいたします。

●研修会におけるテーマ
 1) 生物生息地、生態系、人間の食糧の安全保障(漁業含む)の相互関係
 2) 気候変動、災害管理とリスク削減
 3) 沿岸域管理のための教育と専門家養成
 4) 海洋ガバナンス、その実施および認識促進

●講師予定(変更の可能性があります)
 グンナ・クーレンバーグ 国際海洋研究所(IOI)前事務局長 (リーダー)
 スワディン・ベヘラ (独)海洋研究開発機構  
 チュア・ティアエン アジア海域パートナーシップ 
 福代康夫 東京大学 ジャノ・メンドラー GEF、IW LEARNプロジェクト 
 大塚万紗子 国際海洋研究所  
 パブロ・スアレス 赤十字気候センター  
 寺島紘士  海洋政策研究財団 
 山形俊夫  東京大学 山尾雅博
 広島大学 (敬称略・リーダーを除き、苗字のアルファベット順)

 研修生は日本からも若干名募集しております。ご希望の方は以下ウェブより9月中旬までにご応募ください。オブザーバー参加(スポット参加)と共に席数に限りがありますのでお早めにお問い合わせください。

●詳細、問い合わせ先:   http://www.unitar.org/hiroshima/programmes/shs08/index.htm
  担当 中山宏子 hiroko.nakayama@unitar.org





海岸ニューストップに戻る

ニュースに記事を掲載希望の方へ
このページに海岸のニュースを掲載しませんか? 記事投稿の方法はこちらをご覧ください。≫投稿方法のご案内







copyright 2007: 海岸環境調査研究会(無断転載を禁じます)