新潟海岸情報ステーション 新潟海岸環境情報システム運営協議会
2007.6.5 金衛町海岸で護岸背後に空洞を発見
空洞箇所周辺は立ち入り禁止措置を実施中へ


平成19年5月21日から実施している金衛町海岸の地中レーダー探査による空洞調査の結果、6月1日に関分記念公園裏の護岸背後において空洞と推定される範囲が確認されたため、直ちに現場周辺にバリケードを設置し、立ち入り禁止としました。
 護岸上面のコンクリート床版に穴を開け内部を調査したところ、深さ約2.8mの空洞があることがわかりました。

今後は、6月4日(月)に護岸上面のコンクリート床版を切り取り、中の様子を調査する予定です。

【作業予定】
9:30頃〜 コンクリート切り取り
11:00頃〜 空洞調査
※現場周辺は大変危険ですので、近づかないでください。

位置図・平面図・空洞推定断面図( PDF)

問い合わせ先
国土交通省 北陸地方整備局 信濃川下流河川事務所
TEL 025-266-7131(代)
海岸課長  渡邉 正一


海岸ニューストップページに戻る
copyright 2007. 新潟海岸環境情報web運営協議会